ノーマル車からカスタムしたので、純正部品を売りたい!買取方法と価格は?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

愛車をドレスアップしたら、純正部品が余ってしまったなんてことよくありますよね。まだまだ使える部品なのに、捨ててしまうのももったいないけれど、家族や友人に同じ車種に乗っている人もいない状況に困って、パーツ業者に買取に出していませんか。

 

パーツ業者のようなところは、ドレスアップを目的としたパーツを販売しているので、純正品を持ち込んでも大した金額にはなりません。価格がつけばまだいい方で、下手したら価格がつかない場合もあります。こうなってしまうと、そのパーツは、廃棄するしかないと考えてしまいがちです。しかし、その純正パーツを高く売る方法はあります。それは、オークションです。オークションであれば、様々な人に対して販売出来るので、販路も拡がりますし、値段もつきます。

 

ネットオークションであれば、出品作業をしたら後は放置しておけばいいので、手間がかかるのは最初だけです。何よりも買い取り業者では、値がつかなかった純正品に値がつくのです。出品前にクリーニングを良くしておけば、買う側の印象も良くなる為、価格も上がりやすくなります。パーツの買い取り業者に査定に出す前に、1度ネットオークションで販売してみましょう。

 

老舗のネットオークション

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークションサイト

 

純正部品の買取価格について

一般的に、パーツなどを買取業者で買い取ってもらう場合、市場価格の1割程度と言われています。しかし、この金額は状態が良く需要が見込める部品の場合です。多くの場合、1割以下の金額が最悪値がつかない事もあります。

 

これは、買い取り業者が買い取ったものに対して、リスクを背負う為です。買い取っても売れるか売れないか分からない商品に高い査定はつけられないのが現状で、市場の需要とも絡んでいます。

 

純正部品を査定に出す方のほとんどは、車をドレスアップした方だと思います。つまり、市場の需要としては、圧倒的にドレスアップパーツの需要の方が高いのです。この事からも純正品は、あまり売れない為、在庫となってしまいお店の倉庫を圧迫してしまいます。この為、純正品をパーツ改造車買取業者に査定に出しても二束三文にしかならないのです。しかし、ネットオークションならどうでしょう。

 

オークションのいいところは、需要と供給がガッチリと噛み合っているところにあります。純正品を探している人だけに販売する事ができるから、無駄が無いのです。さらに、オークションには中間マージンと呼ばれる手数料が出品手数料だけなので、販売した金額のほとんどを利益として得る事ができます。

 

純正部品の使い道とは

純正部品の需要は、何処にあるのでしょうか。多くの方が、純正品に納得がいかなくてドレスアップパーツを購入します。では、市場で販売されている純正品は、どのような人が購入するのでしょうか。純正品を購入するのは、多くの場合、今乗っている車を手放す方か、車の修理業者などです。車を手放す場合は、ほとんどのケースでカスタム品が取り付けられた状態だと査定額が落ちます。

 

ただし、例外もあります。今、現在乗っている車が人気車種で街中でカスタムされた車を良く見かけるような車種であれば、多少のカスタムはプラス査定となります。問題は、この逆の場合です。あまり人気のない車種でカスタムされている場合は、査定額に響きます。このような場合に、査定額を少しでも上げる為、カスタムパーツから純正パーツに戻すのです。これが、純正部品の一つの需要です。

 

もう一つは、車の修理業者が利用するケースです。カスタムに興味のない方は、車の修理の時に純正品を好みます。このような場合には、純正品が必要とされるのです。または、中古で安く買ったけれど、自分の趣味ではないカスタムパーツが取り付けられていた場合などに純正部品が必要とされるケースがあります。