ラグジュアリカーって何?VIPカーと何が違う?ベース車両は?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

ラグジュアリーカーと言うのは、元々はアメリカのセレブの間で流行っていた、カスタムされた高級車の事を言います。セレブ達が成功の証として、フェラーリやランボルギーニ、ベンツなどの車に、資金に糸目を付けずに、大径のホイールやエアロパーツなどで改造を施した物が、このカスタムスタイルの始まりでした。

 

とは言え華やかさは求める物の、派手さは無く、乗り心地の良さも損なわない、と言った部分を大切にしているのが、このカスタムの特徴です。ローダウンはそれ程行なわれず、シートや内装は元の純正の物よりも、性能や質が良い物に変える、と言った居住性重視の改造が行われます。

 

ベース車両は高級車であれば、特に決まっていない様です。エスニックカーやSUV、ピックアップトラックやセダン・クーペなど、様々な種類の車がベース車両になっています。車の種類に拘るというよりは、どんなカスタムをしたのかと言う結果が、オーナー達には大切にされています。

 

日本でのラグジュアリーカーのベース車両も、特にどんな車種と言う決まりは有りません。しかし必ずアメリカで販売されている車を、ベース車両に限定すると言う、暗黙の了解が有ります。

 

一方、VIPカーとは

 

VIPカーと言えば、別名ヤン車とも呼ばれる、日本国内の定番の改造車の事になります。同じ車種のオーナー同士などでチームを組んで、ドライブやドレスアップコンテスト等に出て楽しむ、そんな人達に好まれています。

 

ベース車両は国産の高級車の中古セダンが定番ですが、一部ではベンツやBMWをカスタムする場合もあります。平均18インチの大径ホイールや、エアロパーツ、ローダウン、大径マフラーと言った外装のカスタムが、一般的です。

 

内装は高級感を求める傾向が高く、木目調や大理石調のパネルに変更したり、カーテンを付けたり、ステアリングを好みの物に変更したりと、こちらはオーナーの好みによってバラエティに富んだカスタムになる傾向が有ります。

 

かつてのVIPカーは塗装の塗り替えでド派手な色にしたり、人の目を引くカスタムが多く見られました。しかし最近では外装は、ベース車両の高級感を生かした改造をする、と言うのが主流の様です。

 

かつてはヨーロッパのカスタムスタイルを意識した、ユーロスタイルや、スポーツカーを意識したスタイルのスポーティーVIPと言ったカスタムが流行った事も有ります。時代によって違う顔を見せるのも、VIPカーの特徴です。

 

ラグジュアリーカーとVIPカーの違いとは

この2つのカスタムの一番の違いは、こだわるポイントではないでしょうか。カスタムの為ならば、乗り心地さえも犠牲にするViPカーに対し、ラグジュアリーカーは乗り心地は損なわずに、カスタムするようにしています。またベース車両を高級セダンに限定するVIPカーに対して、ラグジュアリーカーは、アメリカで販売されている車であれば車種は問いません。

 

細かい部分を見れば、同じく大径ホイールを履かせる両車ですが、VIPカーは平均が18インチなのに対して、ラグジュアリーカーは19インチ以上で最大は30インチまで、と言った違いも有ります。しかしこう言った事以外は、自分の車をカスタムして楽しむ、と言った気持ちは変わらないように思います。細かな違いを別にすれば、この二つは似ている所も沢山有るからです。

 

高価なオーディオを載せていたり、スモークフィルムや大径マフラー、エアロパーツなどでのカスタムは、どちらにも共通する部分です。そう見て行くと、日本国内ではベース車両に何を使いたいかによって、どちらのカスタマイズを選ぶのかが、変わるだけなのかもしれません。

 

あなたはVIPカーとラグジュアリーカー、どちらに乗ってみたいですか。