闇車検とは?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

闇車検とは、正規の点検では通らない自動車を暗黙で車検に通す方法です。

 

そもそも車検とは、安全に自動車を乗っていくために2年に1回(新車購入時は3年に1回)受ける自動車の定期検査のことです。

 

法律で取り決めた保安基準を満たしている自動車のみが車検を通すことができるのですが、もし安全基準に問題があり車検に通らない場合は修理等を行い基準を満たします。車検を通さないまま公道を走れば厳しい罰則があるので注意しなくてはなりません。

 

さて、車好きな人は自分でカスタマイズして乗ることもありますが、改造車でも構造変更申請をすれば車検に通してもらうことができます。ただし、改造車でも保安基準を満たしていることが条件ですので、指定部品以外のパーツをカスタマイズしている自動車は違法改造社となり、正規の車検は通せません。

 

そこで利用するのが闇車検なのです。

 

闇車検は業者側にとってもリスクが高いため、費用は高額です。また、違法ですので、お勧めできる方法ではありません。

 

闇車検はいくらかかるのか?

闇車検は、保安基準を満たさない違法改造車でも車検に通すことができる方法です。要するに、自動車の検査・点検をする業者側が保安基準をごまかして車検に通す方法であり、それ自体は違法行為になります。

 

もちろん正規の通し方ではないため、バレてしまえば業者側が車検資格の取り消しや営業停止などになる可能性が高く、リスクの分費用も高額に設定されています。

 

闇車検の値段は一概ではありませんが、ノーマル車で車検を通すときの倍の金額を請求されると思っておいた方がいいでしょう。そのため、15万円〜20万円ほどが目安になります。ただし、この値段は整備をしなかった場合ですので、ここに整備が加わればさらに金額は伸してくるので注意しなくてはなりません。

 

それを踏まえると、車検時にだけでも純正に戻して検査してもらうのがいいでしょう。闇車検は業者側だけではなく、ユーザーも罰則を受けることになります。よって、車検時には注意してください。

 

闇車検は法的に違反なのか?

現代の日本人の多くは、車を所持しているのが当たり前のようになってきています。車を持てば、維持のためにいろいろな経費がかかり、ユーザーには頭の痛いところです。経費のなかで、特に大きいのが車検です。新車で3年、それ以降は2年の法律ですので、それを守らなければ車を乗り続けることができません。

 

世の中には、いろいろ金儲けを考える人がいて、非合法でもニーズがあれば商売にしてしまう人がいます。先ほど書いたように車検は経費のなかで大きな部分をしめるため、闇車検なるものが実際に存在します。ユーザーとして、このような闇車検に頼んで通常より少し安い金額でやってもらえるので、頼むのでしょうが、これは明らかに非合法なやり方です。もちろん摘発の対象になります。

 

このようなところにお願いすると、正しいメンテナンスが行われているかどうか、怪しいものでし、摘発されたら自分も困ります。車は高速で走ることもあり、耐久性を求められますので、正しいメンテナンスがされていなければ、料金の安さよりもっと困ったことになります。

こちらの記事も参考にして下さい

こんな改造車は車検に通りません!