あなたのS15シルビアの買取相場は?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

S15シルビア

 

s15シルビアは最も年式の新しいシルビアということで、買取相場も悪くありません。販売台数が最も多く人気が高かったのは5代目 S13型ですが、さすがに20年以上前のモデルになり、買取相場もあまり高くは期待できません。しかし、s15シルビアはクルマの評価も高く、現代車にはないスペシャリティカーの雰囲気を味わうことができるモデルとして人気があります。ただ、10年以上前のクルマとなりますので、クルマの状態が買取価格を大きく左右します。もし、買取相場プラスαを狙う場合なら、1社でも多くの買取店を競合させるのが効果的です。

 

▼愛車のS15シルビアを高額で売りたいなら▼

 

※項目をクリックするとページ↓に移動します

 

S15シルビア買取相場表

年式 グレード 買取相場 買取体験談
平成11年式(1999年) オーテックバージョン 41万円〜56万円
平成11年式(1999年) スペックR 16万円〜58万円
平成12年式(2000年) ヴァリエッタ 51万円〜80万円
平成12年式(2000年) スタイルA 61万円
平成13年式(2001年) スペックR Vパッケージ 73万円

 

※上記の買取相場はあくまでも相場です。車の状態(改造パーツや走行距離、年式など)によって買い取り額は大きく変わります。

 

【完全無料】あなたのS15の買取相場ではなく実際の買い取り額が分かります

 

故障知らずのシルビア(オーテックバージョン)を一括査定を利用して52万円で売却できました

グレード オーテックバージョン
年式 平成11年式
走行距離 8.9万km
ボディカラー パールホワイト
修復歴 無し
車検 アリ(1年)
買取価格 52万円
満足度
感想

スポーツテイストのクーペに憧れ、20歳に購入した車がシルビアでした。僕のシルビアは比較的故、故障個所も少なくエアコンを一度取り換えたぐらいで、その他電装品やエンジンも絶好調でした。しかし、年齢が経つにつれ、回りの車好きも次々と一般車に買い替えていきました。
できれば僕はずっと乗り続けたかったのですが、維持費もバカにならないし、まず車に乗る機会が極端に少なくなったので、手放す事にしました。
中古車買取店に一気に査定を出せる一括査定を利用して、査定額を比べて、52万円という最高値で売却する事ができました。

 

下取り4万円と言われたスペックRのS15が買取店なら17万円で売却できました

グレード スペックR
年式 平成11年式
走行距離 17.6万km
ボディカラー ブルー
修復歴 無し
車検 なし
買取価格 17万円
満足度
感想

若いときの勢いで買ったS15に乗り続けて早8年30歳が目前に迫ってきていたので、実用性の高い軽自動車に乗り換えを決めました。
ディーラーの下取りに出したところ「4万円が限界です」と言われ、いくら10年落ち以上の車でも、もう少し価値はあるだろうと考え、買取に出す事にしました。
その結果、下取りよりも13万円も高い値段で売却する事ができました!

 

売れたお金で軽自動車が買えそうです

グレード ヴァリエッタ
年式 平成12年式
走行距離 7.5万km
ボディカラー ブルー
修復歴 無し
車検 1年
買取価格 96万円
満足度
感想

故障や不具合があって乗れなくなったわけではないのですが、歳も歳なので(34歳)乗り換えを決めました。最初は次の車の購入のついでに下取りに出そうと思ったのですが、会社の知人が「S15なら下取りよりも買取の方が絶対高く売れるよ」と言っていたので、買取店に査定を出しました。近所に某有名買取店があったので、試しに査定してみた結果『96万円』と大満足できる値段で売却する事ができました。次の車は軽自動車を買うつもりなので、売れたお金と15万ぐらいで買えそうです。

 

あなたのS15の1番高い売却額を知りたくないですか?

「メリットしかない!」かんたん車査定ガイドのおススメポイント

  • 【出張対応!】自宅にいながら愛車の買い取り価格の見積もりをとれる
  • 普通の買取店では評価されないカスタムパーツを高値で買取してくれる業者も簡単に探す事ができる
  • 参加業者が買取強化中!下取りよりも平均16万円も高く売却できます

※車の価値はスグに変わってしまうので、相場を調べたいならお早目に申込みする事をオススメします
※申し込みしたからといって必ず車を売らないといけない訳ではないので、安心してご利用ください

>>【完全無料】入力はたったの45秒。1秒で愛車の最高額を知る事ができます

 

たったの9項目でかんたんに相場チェック&車買取店を探せます


 

s15シルビアは、日産自動車が1965年から2002年にかけて製造販売していたスペシャリティーカーシルビアの7代目であり、かつ最終モデルとして1999年に登場しました。美しい2ドアノッチバックタイプのクーペスタイルに、シャープなハンドリング、またハイパワーエンジンも用意されて、デートカー的な要素とスポーツカー的な要素が融合された魅力的なクルマとして人気でした。

 

s15シルビアでは、前モデルで不評だった大型のボディサイズは再び5ナンバー枠に戻され、外観もシャープなデザインとなっています。グレード構成は最高出力160馬力(AT)を発生するNAモデルのspec.Sと最高出力225馬力(AT)を発揮するターボモデルのspec.Rの2通りとすっきりさせています。

 

インテリアで特徴的なのは、運転席側Aピラー部分にブースト計と油圧計がメーカー標準で装備されていたことです。また、後からスペックSをチューニングしたオーテックバージョンや国産初となるフルオープンタイプ電動メタルルーフのオープンカーなども追加販売されました。なお、レースにも積極的に参加し、その性能の高さを証明しています。