ロードノイズの原因と対策方法〜低減プレートやタイヤで静かにする事は可能なのか?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

自動車のロードノイズの発生原因は車両の状態や走る場所等によって異なりますが、代表的な発生芸院としてあげられるのが振動です。例えば、道路を走行中に路面の荒い道に差し掛かると伝わって来る音が変わります。同時に細かな振動が体に伝わるようになり、路面が荒れている様子がわかるでしょう。特に路面が細かい凹凸の多い道になると、音は大きく五月蠅く振動も激しく感じられるようになるものです。

 

このように路面を原因とする場合は、自動車のサスペンションを伝って車内まで振動が到達してしまう事で大きな音と振動とが発生します。車内に響くことより大きな音となり、シート等にも振動が伝わってロードノイズとなるのです。この他にも原因はいくつかあげられますが、振動を原因とするものは多かれ少なかれどの自動車にも発生する身近な現象と言えます。

 

そこで、音や振動の発生を抑止する方法として様々な技術が開発されてきました。その中でも、効果のある技術を使って作られている製品として低減プレートとコンフォートタイヤの2つがあります。いずれも振動を車内に伝わりにくくする効果があり、音を和らげたり振動を低減したりして乗り心地の改善に繋がるものです。

 

低減プレートは簡単な作業で効果が出やすい

 

ロードノイズの低減の為に使われる低減プレートは、車に締め付けてあるボルトの間へワッシャーの様に挟みこんで使います。

 

低減プレートの素材は特殊合金製で、振動を熱に変換する構造となっています。サスペンションから車内に伝わってくる振動を熱に変換する事で、音や振動を抑止できると仕組みです。

 

取り付け位置は使う方によって異なります。例えば、サスペンションから伝わる振動を抑止したいのなら、サスペンションの一部であるアッパーマウントで低減プレートを使うと効果的です。また、体に伝わる振動を低減したいのであれば、シートの取り付け部に使う事で振動を和らげる効果があります。

 

このように、低減プレートは比較的簡単に使えるパーツでありながら、振動の抑止に効果的です。路面の継ぎ目から伝わる強い衝撃を完全に抑えるような効果はありませんが、突き上げを和らげる事ができます。また、走行中に響く耳障りな音や、体に伝わる細かい振動を減らして乗り心地を良くする事ができるものです。

 

特に効果的な用途としては、高速道路等を利用する長距離移動です。体感では注意しないと低減効果を確認できないかもしれません。しかし、人間の体は運転中に騒音や振動で疲労を感じていますから、僅かな振動を和らげる力が運転中のドライバーを守ってくれます。

 

タイヤの交換もロードノイズ対策に効果的な方法になる

ロードノイズの低減方法として効果的な方法には、タイヤの交換を利用する事もできます。コンフォートタイヤと呼ばれる製品が各メーカーから販売されており、これを装着する事でロードノイズを拾いにくくなるものです。

 

基本的な構造は振動しにくい素材を採用し、タイヤを振動が伝わりにくい形に加工する事で得られます。表面のパターンを変える事も振動の抑止や伝播防止に効果的で、乗り心地の良さと走りの良さとを両立できるように各社が現在も積極的に研究を重ねているものです。

 

また、タイヤの空間で共鳴する空洞共鳴音と呼ばれる現象を抑止する為に、吸音素材を用いているメーカーもあります。空間内の振動を吸収して空間で共鳴する音を減らす効果があります。

 

こうした静音技術を組み込んだタイヤは、ロードノイズの低減に効果的に働くものです。特に効果的な製品であれば、これまで騒音と振動が激しかった状態から、エンジン音がはっきり聞こえるまでになる場合もあるものです。

 

これらのように、ロードノイズの軽減には低減プレートやコンフォートタイヤ等を導入する事で和らげられます。特に、自動車で毎日長距離を運転している方にとっては、低減効果の高いパーツへの交換は効果の高さを実感しやすいでしょう。