インシュランスの車高調・ダウンサスの乗り心地はどうなのか?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

インシュランスでは、車高調やダウンサスに加え、ホイールやマフラー、インテリアパーツ、ライティングパーツやエアロパーツ、レンズパーツなど、自動車のあらゆるパーツをデザインや企画から製造や販売までを手がけている企業です。オンラインショップでの販売や、雑誌を媒体にした通信販売、カー用品の法人業者向けの販売など、カーパーツに関する幅広いな事業を展開しています。

 

メーカー事業では、アルミホイールや車高調・ダウンサスなど、あらゆるカー用品をインシュランスブランドとして品質の高い製品を自ら企画・開発しています。こうした商品は、全国のカー用品を取り扱っている店舗で購入することができます。

 

オンラインショップでは、インターネットで愛車が変わるというコンセプトのもとに、この業界では先駆けとして開設したオンラインカーショップを中心として、あらゆるジャンルのカー用品をオンラインサイトから発信・提案して、販売しています。

 

雑誌を媒体にした通信販売の事業では、書店やコンビニなどで購入できる自動車のドレスアップマガジンに通信販売の広告を出すことで、あらゆるジャンルのユーザーへ向けて、自社製品の販売を展開しています。法人業者向けの販売では、中古車販売店やパーツショップなど、カー用品を必要とする業者に対して、定期的に親切丁寧にサポートする業務を行っています。

 

インシュランス公式サイト:http://www.insurance-group.net/

 

インシュランスの車高調の乗り心地は?

車高調とは、自動車の足元を支えながらも、車の車高を好きな高さに調整することです。ダウンサスと比較して、車高調は高額になってしまう問題がありました。そのため、インシュランスでは試作を繰り返し、快適なドライビングと乗り心地と高性能を両立させた上で、価格も抑えることに成功した、SSダンパー3Dを開発しました。

 

インシュランスの車高調は、車種に合わせて、5つのシリーズが用意されています。SSダンパー3Dは、減衰力を15段階で調節することができます。それによって、柔らかい乗り心地から、スポーティーな足まわりまで簡単に調節することができます。また、アジャストブラケットを採用することで、スプリングを遊ばせずに車高を低くすることができます。有効ストロークは確保されたままですので、高い走行安定性と快適性が実現されています。

 

また、ボディーとダンパーとのマウント部分には、強化ウレタンブッシュを使用していますので、ヨレなどが少なくなり、独自の超軽量直巻スプリングによって、ヘタリに対して強くなることで、剛性感と耐久性が増し、軽量化も実現しています。このSSダンパー3Dによって、車高調でもコストを最小限に抑え、乗っている時の快適性を自由にカスタマイズすることができます。

 

http://www.insurance-group.net/products/damper.html

 

インシュランスのダウンサスの乗り心地は

ダウンサスとは、車高調と同様に、車の車高を好きな高さに調整することですが、コストが低く抑えられ、交換も簡単にできますので、費用を抑えたい方や、これからカスタムを始めようという方に向いています。インシュランスの製品であるSPECIAL DOWNは、意外と車高が落ちるという評判を受けています。高すぎず、低すぎず、絶妙なダウン量となるような仕様ですので、極端に車高が低くはならないと思って使われる方が多いようですが、予想に反して、車高がとても低くなったと実感できるほどになります。

 

ダウンサスのSPECIAL DOWNには、ヘタリのない最高級素材を使い、さらに特殊熱処理を施すことによって、耐久性が増していますので、市街地だけの利用であれば長期間にわたり使用することができます。乗っている時の快適性は、少し突き上げるような感じや少し固いという印象を受ける場合もありますが、セダンやミニバン、軽自動車それぞれの車種で、ハンドリング性能を高めつつ、乗り心地を最重視するセッティングを施してあります。

 

また、バネレートがノーマルのもと比較して、15%の上昇までに抑えてありますので、快適さに反映させることができています。コストとのバランスや特徴、自動車との相性を考えて、どの方法がよいかを選択することが大切になってきます。