フルスモーク

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

自動車のカスタマイズとして以前から人気のあるのがフルスモーク、つまり色のついたフィルムをウィンドウに貼る加工です。一時期と比べれば数は減ったとはいえまだまだ根強い人気があるのですが、ただこのフルスモークというのは基本的に違反だと思って良いでしょう。

 

自動車にとって視界不良というのは大事故につながりかねない重大な安全性の欠如であり、カスタムショップなどで市販されているフルスモーク用フィルムの大半は車外からも車内からも著しく視認性を損なうものです。

 

もしそうしたフィルムを貼って公道を走行しているところが警察の交通課に見つかった場合、その場で切符を切られてしまうことにもなりかねません。

 

実際のところその場でフィルムを剥がして捨てればお咎めなしといった形になることも多いのですが、それでもそれなりに高い費用を払って施工をしたのに数日で元に戻したなどになると意味が無かったことになります。

 

また数年前にはそうした違反と判断されるフィルムを販売している業者が道路運送車両法違反によって逮捕されたという事例がありましたから、今後さらに規制は厳しくなっていく可能性が極めて高いです。

 

「どうしてもやりたい」というのであればそれも良いですが、少なくとも法律上は認められておらず、警察に厳しい目で見られる可能性が高いというのは知っておきましょう。

 

ただし透過率によってはセーフなこともある

ただ現在の道路を見ると以前と同じくスモークを貼って走行しているような自動車も時折見られます。

 

中にはパトカーや白バイの真横を通ったのに何も言われていないといったこともあるのですが、これについては透過率が関係しています。

 

 

透過率とは可視光線をガラス越しに照射したときにどれくらいの量の光が通るかを示す割合のことで、フィルム越しに70%以上の光が通る透過率が維持されていれば保安基準は満たされていると判断されるのです。

 

もし町中でフィルムを貼って走っているのに何も言われていない車があったとしたら、偶然警察が見逃したか明らかに透過率が高い合法フィルムだった可能性が高いでしょう。

 

また透過率が著しく低くとも、リアガラスや後部座席部分についてはドライバーが安全だと思うならどういった状態でも良いとされています。

 

極端な話をすれば光を一切通さない状態でも良いわけですから、もしフルスモーク加工をするのであれば「後部座席とリアガラスは好きにして良いが、運転席と助手席、フロントガラスは透過率70%以上をキープする」ということを覚えておいてください。

 

ただ実際のところ車のガラスは何も貼っていない状態でも透過率が80%前後になるのが普通ですから、フィルムを貼った状態で70%を維持するのはかなり難しいというのも覚えておきましょう。

 

問題が無くとも警察に止められることがある

さて、ここまでのことをまとめると「フルスモーク加工は運転席と助手席、フロントガラスが70%以上の光を通せば実現できる」といった形になります。

 

よってフィルムによっては警察に止められることなく公道が走行できるとなるのですが、現実的なことを考えるとフィルムが貼ってあるだけで他の車よりも警察に止められやすくなるというのは知っておきたいところです。

 

特に後部座席やリアガラスのように法律上問題の無い部分であっても、フルスモーク加工がされているという時点で警察からすれば怪しい車に見えてしまうのです。怪しい車が走っているとなれば犯罪のリスクを考えなくてはならないのが警察の仕事ですし、受け答えによっては車内の捜索が行われることもあるでしょう。

 

もしそこでカッターナイフやゴルフクラブといったようなグッズが出てきたり、頑なに車内の捜索を拒むなどのことがあればそれを口実に警察署まで連行されて事情聴取ということもあり得ます。

 

もちろん法律上問題の無い加工であれば事情聴取が終わった後で解放してもらえますが、そうした無駄な手間がかかるかもしれないというのは事前に心得た上で加工するかどうかを決めるようにしてください。

 

僕も実際にフルスモークにしていました

車を買った当初(18歳頃)にVIPSTYLEを見て「フルスモークかっこいいな」と思ったので、ホームセンターにてブラックフィルムとへら(フィルムを貼る時の空気抜き)を購入。

 

約2日かけてわりと綺麗に貼る事はできたのですが、その後フルスモークにしなければよかったと思いました...

 

大雨の日、駐車場からバックで出そうとして、フルスモの為サイドミラーが見えなく「ガリガリッ」と嫌な音が...

 

リアバンパーがブロックに引っかかって傷どころか、バンパーが外れてしまいました(泣)

 

修理に約10万円かかると言われ、泣く泣く保険代で修理しました。

 

その1週間後ぐらいに、パトカーに止められ、違反切符を切られそうになりましたが「今フィルムを剥がすなら見逃してやる」と言われたので、スグに剥がしました。

 

くれぐれもフルスモークで公道を走るのはやめましょう。