【E50】エルグランド 買取相場

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

e50エルグランド

 

e50 エルグランドは1997年にデビューし、これまで多人数の乗用車と言うとワンボックスが中心であった市場に高級車志向を持ち込んだ先駆的な車種として大きなブームを起こしました。当時はミニバンというカテゴリーは無く、ステーションワゴンとワンボックスの中間的な位置づけとして特異な存在感を放っていたものです。同種の車種としてホンダのオデッセイ、三菱のグランディスなどが登場していましたが、エルグランドはその格上の高級志向層を狙った車種として登場しました。

 

e50 エルグランドは他の車種がより乗用車に近い形で多人数を乗車させることに重きを置いていたのに無いし、あくまでも2列目、3列目の居住性を重要視した構造となっています。そのため他の車種にくらべよりワンボックス的なスタイルと、運転席の着座位置や視認性など、乗用車よりワンボックスに近い点が大きな特徴です。これはその代わり2列目、3列目の広さは群を抜いており、高い快適性を持った車として注目されました。この傾向は以後登場するe51型、e52型にも継承されており、e51型やe52型はe50型の2列目、3列目の快適性を維持したまま前席を乗用車のような着座位置としたため、全長が長いのが大きな特徴となっています。

 

e50 エルグランドは2002年までマイナーチェンジを繰り返しながら生産が継続され、その間に数々の改造車も生み出しています。メーカー純正のシートアレンジに特徴を持たせた4人乗りのロイヤルラインや、映画の撮影などにおける機材と人員が快適に移動できる移動専用車や高規格救急車なども製造され、これまで供給が難しかったキャビンの広い特殊車両などもe50 エルグランドをベースに多数製造されています。また、足回りなどにメーカー純正のチューニングを加え、ドレスアップパーツを装着したriderも用意され、同じ形式でありながら多数の派生車種が誕生しました。

 

e50 エルグランドは既に生産されて20年が経過しており、既に旧車の部類に入る車種でもありますが、その独特の車格と安定性が高く評価されている車種でもあります。また、当時の日産の特徴として非常に走行性能の高い構造が主流であったため、足周りの強化やローダウンなどを行う人もおり、またその改造に耐えうる高い基本性能を持ち合わせていることも特筆に値します。

 

そのため中古車市場では相場が比較的高額であり、また独特の乗車感覚と高い居住性も相まって、e50 エルグランドを求める声が高いという事実があります。

 

現状では日産のフラッグシップ的存在となったエルグランドですが、その歴史はe50モデルから始まっています。そのため非常に人気が高い車種であり、買取相場も高値で推移しています。現行型は非常に快適性を重視したモデルとなっていますが、e50はキャラバンやホーミーの様なワンボックスの乗用車版として開発されたものであり、実際には管理の方法や実用性を兼ね備えた車種であるとして中古車買取相場で高い人気を誇っています。

 

ユーカーパックならエルグランドが高値で売れる可能性が高い!

ユーカーパックのおススメポイント
  • 無料で査定できる
  • 一括査定のように買取業者からの電話が殺到しない
  • 最寄りのガソリンスタンドか自宅にて査定可能

参加業者 2000社以上
オススメ度 評価5
備考 ユーカーパックに査定後、あなたの納得いかない査定額なら愛車を売却しなくても大丈夫です。

申込みから査定まで完全無料で利用できるので「愛車を手放したいなと」思っている方はお気軽にお申込みください。

車の価値はたった1日でも落ちていきます。
1万円でも愛車を高く売りたいなら1日でも早い査定をオススメします。