ダウンサスの有名メーカーは?取り付け工賃メリットはどうなのか?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

ダウンサスは意外に多くのメーカーから販売されていて、それぞれの製品に特徴の違いがあります。例えば、とにかく車の車高を下げて見栄えの良さを確保しやすい製品は代表格の1つと言えるでしょう。この他にも、ローダウン効果と乗り心地の良さを追及してあるもの、乗り心地を維持できる範囲で車高を下げるもの等と種類は豊富です。

 

そこで、ダウンサスを選ぶ際はできるだけ多くのメーカーの製品を比較する事が大切になります。ドレスアップの目的を明確にして、車高をどの程度まで下げるのかをイメージしながら製品を選ぶべきです。この際、比較の基準として利用しやすいのが、ユーザーが多く定評のある有名メーカーです。例えば、RSRは特に有名で、初めてドレスアップに挑戦する方にもおすすめのパーツを製造しています。

 

 

RSRは、車高を大きく下げられる事で知られています。とにかく車高を大きく下げて格好良く見えるようにしたいと思っている方にとって、良い選択の1つになるでしょう。もちろん、車検に合格できる地上高を維持した上でのドレスアップが可能です。車高を下げるだけでなく、乗り心地の良さも確保してあるレベルの高い製品を作っています。

 

RSR公式サイトはこちら:http://www.rs-r.co.jp/

 

RSR以外にも多くある有名メーカー

タナベはRSRと比肩する知名度と、製品のレベルの高さを誇っています。製品の特徴は、ダウンサス特有の乗り心地の悪さを大幅に改善されている事です。車好きで毎日ドライブを楽しむという方にとって嬉しい製品が多く、見た目だけはない実力派の製品を製造しています。ただ格好良いだけではなく、走りの楽しみも持ち続けたい方にとって良い選択になるでしょう。

 

テインはドレスアップでの見栄えの良さと、乗り心地の良さを独自の技術で両立しています。テインは乗り心地の良さに騒音低減の技術を上手く取り入れており、改造後に起こりがちな異音は発生しにくい製品になっています。既に改造を施して見栄えは良くなったものの、異音が発生して乗り心地が悪いと感じている方にとっては悩みの解消に力となってくれるでしょう。

 

RGの製品は、ドレスアップもしたいけれど車の性能や乗り心地を維持したいと考えている方にとって良い候補となるでしょう。車高を下げつつもコーナーを曲がり易い設計が施されているラインナップや、振動が少なく快適に走行できるラインナップ等、好みに合わせて製品を選べるという柔軟性の高さも魅力となっています。

 

これら以外にも車種毎に最適の設計を施してあるエクスペリアやトラスト、コストパフォーマンスの高い5ZIGENやZOOM、街乗りにも使えるINSURANCEやJIC等の優れたメーカーがあります。

 

ダウンサスの工賃と車検の問題

 

ダウンサスを取り付ける方法として、自分の手で交換する方法とショップに好感を依頼する方法との2つがあります。自分で交換する方法は書籍やネット等様々な形で紹介されていて、以外に情報が多いものです。しかし、車の整備をあまりやった事がない方にとっては敷居が高いのも事実です。アライメントの調整等もしなければいけない為、ショップへの依頼が確実と言えます。そこで問題になるのが工賃と車検です。

 

ダウンサスに交換する工賃は1本あたり5000円程度を見積もっておくと良いでしょう。1台分を交換するなら2万円ほどが予算になります。この為、ドレスアップに必要な資金を計算する際はダウンサスの購入費+工賃が基本です。

 

資金の問題を解消して、いざ購入して交換という段階になっても車検の問題が残っています。メーカー側の説明で車検に通るとしていても、車種によっては車高基準を下回ってしまう事があるからです。また、車高が下がった結果、ランプの位置も下がって基準を下回ってしまう場合もあります。

 

こうした問題を避ける為には、車種毎に最適な設計を施してある製品を購入する等の工夫が必要です。優れた改造も車検が通れなければ乗り続けられませんので、この問題の解消はドレスアップの内容とセットで考えなければいけません。