ドリフト天国とは?

カスタムカーっていくらで売れるんだろう?
そんなあなたにオススメのサービスはこちら>>超簡単な無料査定で買い取り額を調べてみる

 

ドリフト天国は、1997年4月に創刊されたドリフト走行専門誌です。ドリフト天国は、テレビや映画の影響でドリフト行為が有名になる前に刊行されています。ドリフト走行が好きな人のための専門誌として、常に読者目線で制作されています。他の自動車雑誌とは違って、読者主体の紙面が特徴となっています。

 

日本には、数多くのレーシングドライバーが存在しますが、レーシングドライバーの大半は、ドリフト天国に掲載された経験があると言われています。掲載されたレーシングドライバーが、有名レースで活躍するようになったことで、ドリフト天国も徐々に全国的に知られるようになります。ただ、取材班が公道でドリフト走行を行うなど、道路交通法違反を助長させる記事として批判された記事もあります。

 

雑誌主催のイベントも開催

雑誌主催のイベントも有名で、全日本学生ドリフト王座決定戦など、様々なイベントが開催されています。全日本学生ドリフト王座決定戦は、2001年から開催されています。最初は1年に1度の開催でしたが、2003年からは1年に2度の開催になり、東西のサーキットで開催されています。

 

全日本学生ドリフト王座決定戦は、原則的に学生しか参加することができません。他に人気があるイベントとしては、ガソリンスタンドの関係者だけが参加できるイベントがあります。このイベントは、ガソリンスタンドの正社員かアルバイトをしている人だけが参加を許されています。優勝賞品も、エンジンオイルなどオイルに関係するものが多いです。セフィーロミーティングは、惜しまれつつも開催が終了してしまったイベントです。

 

名物編集長の川崎編集長について

インターネット上では、イベントの応募方法は?と質問を書き込む人がいます。応募方法は?と質問を書き込む前に、自分で調べればいいという声も少なくありません。

 

応募方法は?という質問が頭に浮かんだら、検索すれば様々な情報を入手することができます。

 

ですから、応募方法は?と質問を書き込む前に、まずは自分で調べることが大切です。ドリフト天国のオフィシャルブログを丁寧にチェックしていれば、イベントの情報についての詳細がわかります。

 

ドリフト天国の名物編集長として非常に有名なのが、川崎編集長です。川崎編集長は、チャーミングな編集長として、男女を問わず人気がありました。川崎編集長のDIYコーナーは、評判が良いコーナーとして知られ、多くのファンがいたのです。ただ、現在は、違う人が編集長になっています。

 

ドリフト天国オフィシャルブログ-こちらドリ天編集部